4D映画を観ました

こんにちは、八嶋です。
先日、子供2人と一緒に、久し振りに映画を観に行ってきました。トム・クルーズ主演の「トップガン・マーヴェリック」です。
全て本物の戦闘機を使って撮影しているこの映画、これは、4Dで観るべきだろうと限られた劇場を探して観てきました。
ストーリーは、アメリカのエリート・パイロットチーム”トップガン”が、極秘ミッションに直面する話です。
トップガン史上最高のパイロットでありながら、組織から追いやられていた主人公のマーヴェリック(トム・クルーズ)が、ミッション達成のため、時を経て、
新世代トップガンと共に命を懸けてミッションを遂行する、タイムリミットは直ぐそこに迫っている、というストーリーです。
飛行機が大好きな私は、36年前の前作のトップガンを何度観たことでしょう。
当時、映画館で観た後、ビデオを購入して暇さえあれば視聴していたのですが、何百回観たのか、テープが消耗して切れてしまったほどでした。
4D映画とは、体感型の上映システムで、スクリーンに映しだされた作品のシーンやアクションに合わせて、座席が動いたりします。
さらに、特殊効果で前の座席から水しぶきが噴射されたり、風が横から吹いたり、どこからか煙の匂いを感じたりします。
視覚と聴覚以外の部分からも映画を”体感”、その場に、映画の中に、いるような臨場感を感じます。まさに、戦闘機に乗っているような、そんな感覚でした。
私は、「スターウォーズ」に続いてこの4D体験は2回目だったのですが、改めて驚かされ、感動しました!!

観終わった後、興奮と感動に包まれていたのですが、、、主演のトム・クルーズが年を重ねていて、おじさんになっており、何だかがっかり。
当たり前ですが、自分の年齢も感じる日々。
さらに、4Dは素晴らしかったのですが、上映後、私の体はぐったり。次回は画像・音声に拘るIMAXで観ようかな、と。 トホホ・・・

八嶋千栄子

前の記事

中3娘のおすすめ本